有料老人ホームサポート隊

高評判老人ホームを厳選しました!

有料老人ホームのスタッフが利用者からより信頼されるために

ケアスタッフなどの有料老人ホームの従業員は、ただ単に入居している高齢者の生活の援助や介護だけの業務ではありません。あたたかく寄り添ったり、またさまざまな事を分かりやすく説明したり、優しく慰めるという多様なものを含んでいます。有料老人ホームのスタッフは、絶えず成長や成熟を続けることでその役割を果たすことができるのです。有料老人ホームのスタッフは、出会いによってさまざまな人生を知る喜びがあります。自分の考え方や経験を入居している高齢者に押し付けるのではなく、高齢者の一人ひとりの多様な文化、価値観を尊重する必要があります。


しかも高齢者の生活のサポートと、人間の尊厳を根底においた倫理性、そして生活者としての文化性などを尊重したサービスを丁寧に提供する必要があるのです。そのためには、利用者である高齢者はもちろんですが、利用者の家族、同僚などの声にも謙虚に耳を傾けて、それらの人々から多くのことを学ぶことが大切になってきます。真意をくみ取りにくい高齢者の表現を、スタッフ自らの感度を上げてしっかりと受け止めることが大切です。多くの経験は利用者のニーズをキャッチする感度を高めますが、スタッフの心と高齢者の心が通じ合うときに、感度はより良好となります。こうして初めて利用者の信頼を得ることができるのです。有料老人ホームの高齢者から信頼されるスタッフであり続けることは努力が必要です。自分自身を成長、成熟させることが良い仕事をするための基礎となります。


ケアスタッフは、サービスを必要とする一人ひとりの高齢者が最も頼れる身近な人でないといけません。利用者とケアスタッフの良い関係は相互の信頼が大切です。ケアスタッフが利用者に信頼されるためには、まずケアスタッフ自身の心身が健康であることも重要です。そうでないとゆとりのある態度、受容の姿勢、節度を持ったサービス、十分な配慮などができないからです。高齢者へのサービスの質を向上させるためには、自己評価とともに第三者の評価も大切になります。そのため、専門的な知識や技術の向上を常に目指す必要があるのです。サービスを満足してもらえる内容で高齢者に提供するためには、スタッフの資質も大変重要であると同時に、人格と行動のサポート技術を高める努力が必要になります。自分がどのようにスタッフでありたいのか、というイメージを明らかにして、欠けたところを満たす努力が必要な崇高な職業なのです。