有料老人ホームサポート隊

高評判老人ホームを厳選しました!

有料老人ホームで生きることの喜びを見出すことの大切さ

有料老人ホームに入居されている高齢者の中には、生活ぶりが消極的になったり、無気力になる方もいます。高齢者がいきいきと生活するようにケアスタッフが援助することは、生きるという根幹の問題を支えることになります。しかし、介護が必要な高齢者をいたずらに励ますことは適当とはいえません。あくまで、高齢者の気持ちに沿いながら、気持ちや考え方の転換ができるようにサポートしていくことが必要なのです。要介護の方の生きることへ、関わりあっていくためには、援助する有料老人ホームの従業員も自分なりの障害観を持たなければなりません。


それを欠いていると、高齢者への関わりは表面的なものになってしまいがちです。援助をする側が健康で特別に障害がないとしても、自分に障害があると想像してみたり、今までの生活体験のなかで遭遇した困難にどのように対応したかなどを思い返すことも、高齢者のかかえる悩みやそれに対応する方法を理解するためにも役立つのです。援助をする有料老人ホームのスタッフに変な同情の気持ちや、やってあげる、という高慢な態度があれば、援助される高齢者はそれを敏感に察知して、心を閉ざしてしまうこともあるのです。介護を必要とする高齢者をサポートするときには、さまざまな困難に直面します。そしてみんなが直面して悩んで葛藤している、同じ人間として共に生きる、という姿勢で望むことが大切になるのです。サポートする側の人間だからといって特別に気負う必要もないのですが、相手を弱者として見下さないことが最低限のマナーとなります。


お互い共に生きる人間同士として、高齢者に自分の持っている力を提供するという姿勢は、健常者同士がお互いに力を貸し合って協力することと、何も変わらないことなのです。ただ単に生きるというのではなくて、有料老人ホームの中で自分自身の存在感を実感し、いろいろな人々との交流のなかで生きていることに喜びを感じるものです。人間は一人で生きることはできません。そのため高齢者が、有料老人ホームの人々と交流をしながら、生活を続けることが必要なのです。ケアスタッフが食事を食べさせてあげれば生命の維持は図れますが、それだけでは人間としての満足感を与えることにはなりません。仲間とともに食事をさせたりすることで、食欲が出たり、お喋りの場ともなるのです。高齢者をサポートする際にどのようなタイミングや環境で事を運ぶかの選択は大切といえます。