有料老人ホームサポート隊

高評判老人ホームを厳選しました!

介護が必要になったら有料老人ホームを考えて

特別養護老人ホームは待機人数が多く、設立条件も厳しいので、なかなか入所ができないものです。有料老人ホームは特別養護老人ホームほど設立の条件は厳しくないためここ数年新築の施設が多く作られています。特別養護老人ホームや老人保健施設よりも施設数も多いため家族が住む家の近くに入所すれば面会に行き安いのもメリットです。費用についても自宅を改造したり、自宅での訪問介護や食事や光熱費などを考えると施設により差はありますが一般的な有料老人ホームであれば大きな負担にはならないことがほとんどです。


有料老人ホームは病院とは違い、特に面会時間は決まっていませんので、家族は自由に居室に入って話をすることができます。そして部屋は自由にレイアウトを組むことができますので、個人の趣味を持ち込んだり、テレビや冷蔵庫も設置することができます。デイサービスが併設されている施設も多いので、日中は多くの人との交流が図れたり、リハビリに取り組んだり、レクリエーションをすることができるので1人になりがちな高齢者にとって憩いの場にもなります。誕生日やクリスマスやお正月などのイベントも施設で行われます。有料老人ホームは元来介護が必要な高齢者のための施設なので、扉なども段差のないバリアフリーな構造はもちろんトイレやベッドやお風呂も車いすでも使いやすいものが設置されています。スイッチの位置も車いすでも使えるように低い位置につけられています。


自宅で同じようにリフォームするとなると大変大がかりな工事となり、場合によっては新築しなければならないほどの工事となります。有料老人ホームには介護士の方が24時間体制で勤務していますので、入居する高齢者にとっても家族にとっても安心して生活することができます。家族では難しいお風呂に入れるなどの身体介護もプロである介護士の方にやってもらえるので、家族にも入居者にもプラスになります。また、毎週決まった日に往診してくる医師や看護師もいるため定期的な健康状態の確認と、容態が悪くなった時には医療機関とのやり取りがあらかじめできているので、ときによっては連絡がうまくいかないことがある介護と医療の繋ぎがスムーズに受け渡すことができます。有料老人ホームは地域に複数あると思われます。パンフレットを受け取ったり、施設を見学することは随時可能です。入所する個人の食事や時間の使い方などの嗜好も受け入れてくれるところも多いのでまずは相談してください。